敏感肌にやさしいメイククレンジングのやり方



敏感肌の人が毛穴に残らないよう、メイクを落としきるには、肌に負担をかけない敏感肌用のクレンジング剤を使うことが大事です。

オイルではよく落ちますが、ぬるつきを取ろうと洗いすぎて肌の潤いまで奪ってしまうことがあります。

ジェルやミルクは優しくなじませて洗い流せますが、肝心のメイク落ちが悪く、毛穴部分に残ってしまうことがあります。

そのまま顔全体のクレンジングをせずに、アイメイクやリップメイク用のポイントメイク落としを利用して、各部分を擦らないようにメイクを落としておきます。

その後、拭き取り用のコールドクリーム等を使用し、顔全体になじませます。

敏感肌用の拭き取り化粧水で擦らないようにして、メイクをコットンに吸わせるように優しく拭いて落とします。

その後、気になるようなら水やぬるま湯で洗顔します。



顔のぬるつきもなく、さっぱりと毛穴までメイクを落とすことができます。
 

敏感肌の毛穴のケアは自分に合った方法を選ぼう


敏感肌の方は、クレンジングのときには特に注意を払う必要があるでしょう。

毛穴を擦るような行為は敏感肌の方にとっては、大敵です。

ちょっとしたことでも、皮膚炎を起こしてしまうデリケートな方も多くいるはずです。

このような方は、自分の肌に合う成分の毛穴ケア商品などをきちんと見極められるようにしたいものです。

パッチテストなどもしっかり行いましょう。

最近では、無添加、刺激の少ない成分のケア商品も多く販売されているので、積極的に利用するようにしましょう。

日ごろから、肌を優しくいたわり、乾燥なども起こさせないように気をつけましょう。

 

敏感肌の人に合ったクレンジング方法について

メイクアップ

敏感肌の人は、普通の人に比べて刺激に弱いので、クレンジングの成分を吟味して添加物の少ないものを選ぶ必要があります。

さらに、クレンジングをする際にお肌をこすり付けないためにも、拭き取り式のクレンジングをして摩擦でお肌を傷つけることは避けたほうが良いです。

敏感肌には、肌あたりのやさしいリキッドタイプがおすすめです。

リキッドタイプは、テクスチャーも軽いので、お肌への負担を少なくすることができます。

それに毛穴にも詰まりにくいので、お肌にやさしい方法を選んだために、洗浄力が弱くて毛穴によごれが詰まってしまったという失敗を避けられます。

 

帰宅時の敏感肌のクレンジング方法について


敏感肌の人は、クレンジングのし過ぎに注意です。

摩擦で、肌が荒れることがよくあります。

1分以上もクレンジングをしている人は、し過ぎで肌荒れを起こしていることがあります。

また、花粉やほこりが原因で肌荒れを起こすことがあるので、家に帰ったら、すぐに化粧を落とす方がよいです。

生え際も、きれいに洗い流すことを忘れてはいけません。

そのときに、生え際が濡れるので、そこから、殺菌が発生して、生え際が荒れることがあるので、できれば、すぐに乾かした方がよいです。

シミしわの対策は化粧品で決まりますので、きちんとご自身にあったものを選ぶことが一番大切なことです。

熱風も肌にはよくないので、スチームを使って、クレンジングをすることがあるときは、十分に距離を取って使用します。

顔を医療脱毛した須藤さんの声

「毛深いのがコンプレックスなので、料金体系が分かりやすいここを選びました。」
毛深いのがコンプレックスなので脱毛するつもりでしたが、追加料金などあっては困るので料金体系が分かりやすいここを選び、顔の医療脱毛をしました。鏡をみるのも嫌でしたが、毎日チェックして、化粧がどうなってるかの確認作業が必要だったんです。自分で顔剃りしていましたが、剃り残しがあったときは慌てて剃ったりしていたんです。
でも、脱毛した後は剃り残しを気にすることなく、普通に化粧が出来るようになってよかったです。コンプレックスからも解放されたので、化粧品選びも楽しくて仕方ありません。もっと早く脱毛しておけば良かったって思うこともありますが、思い切ってやって良かったです。