乾燥肌の原因は洗顔方法にもあるのではないでしょうか


10代からの化粧も多くなっているご時世ですが、化粧をするということはクレンジングも当然しなければならず、若い頃から肌にダメージを与えてしまう人が多くなっています。

冬に乾燥肌に陥りやすいのは誰もが経験することで昔からのことですが、近年ではクレンジングや洗顔方法を間違えていて乾燥しているパターンもあるのではないでしょうか。

厚化粧でも落ちるオイルクレンジングを販売しているメーカーがいくつもありますが、顔全体によく落ちる洗剤を使用すること言うのは肌に対するダメージが大きすぎるのです。

ポイントメイクのみによく落ちるものを使うのは良いかもしれませんが、肌全体には刺激の弱いミルクタイプを使用したり、強く擦らずに向き卵に触れるように撫でてメイクを落として、肌に優しくしてあげるのが一番の乾燥肌対策だと思います。
 

乾燥肌に合ったクレンジングの方法について


間違ったクレンジングは汚れだけでなく、お肌に必要な油分まで奪ってしまい、余計に乾燥肌を促進してしまいます。

乾燥肌の人には、お肌に刺激を与えずに汚れだけを優しく落とすクレンジングを行いましょう。

角質層を傷つけないために、お肌をこすらず汚れが落ちる洗浄剤を選びましょう。

しかし、マイルドすぎて汚れが落ちないと残留物が肌に悪い影響を与えますので、メイクや肌の汚れ具合に応じて使い分ける工夫をしましょう。

例えば、しっかりアイメイクをした目元等は洗浄力の強いタイプで優しく落としますが、それ以外のパーツはマイルドな洗浄力のもので十分です。

必要に応じて、うまく洗浄剤を使い分けましょう。