毎日のクレンジングを正しく行うことで肌に差が出る


メイクをする女性にとって毎日落とすことは必要なことです。

メイクをしたままだと肌に負担がかかり、老化を促進させてしまいます。

しかし、誤った方法でクレンジングを行うことは良くありません。

皮脂を奪いすぎて乾燥肌になったり、汚れが落としきれないことがあります。

できるだけ肌に優しいものを選び、記載されている分量を取り、優しくくるくるとなじませながらメイクを素早く落とすことが大切です。

あまり刺激の強いものを使ったり、肌に合わないものを選ぶことは肌に良くありません。

クレンジングを正しく行うことは美肌にとってとても大切なことなのです。

 

乾燥肌とサヨナラする正しいクレンジング方法


クレンジングが肌に与えるダメージはいくつかありますが、乾燥肌を進行させる原因の一つに、摩擦によるダメージがあります。

肌が濡れた状態だと、角質層がやわらかくなっているので注意が必要です。

もう一つ言うならば、クレンジング剤に含まれている洗浄成分の界面活性剤も注意が必要です。

界面活性剤はメイク・汚れだけでなく、肌の保湿にとても大切な角質層の細胞間脂質(セラミドなど)も洗い流してしまいます。

これでは乾燥をさらに進めてしまいます。

そこでまず、短時間でメイクを落とすことを念頭に「なるべくこすらずにメイクを落とす」ことがとても大切です。

クレンジング剤をメイクの濃いパーツ毎に使い分けることもおすすめします。

乾燥がひどい時は、通常の石鹸だけで済ませることもおすすめです。

よほど落ちにくいものでないかぎり、ファンデーション等のベースメイクは石鹸だけでも十分に落ちます。

乾燥肌の最大の敵は「こすりすぎ」・「洗いすぎ」です。

その2点に気をつけて、脱・乾燥肌を目指し、美肌を手に入れましょう。